7.複数の指示を把握出来ない

ケース:複数の指示をされるとミスをする
仕事の指示を受けると、
真剣に聞いていたのに
・抜けがある
・期日を把握していない
などのミスをしてしまう。

必要スキル:応答
・「メモらせてください」とお願いしてメモをとる
・指示の内容を理解しながらメモする
・メモが間に合わなかったら「少しまってください」とお願いする
・指示を聞き終わったらメモした内容を相手に確認する

仕事に限らず、
未体験の事を指示される場面は多いです。
5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、何故、どのように)
をおさえながら
指示された項目を見落としなくメモする必要があります。

ポイント
・待ってもらう
相手が話しはじめたら
「メモらせてください」
などと断ってメモの準備をします。

・遅れないように
指示の内容を見落とさないようにメモしていきますが、
書くのが遅れると書く事に集中してしまって
話を聞きそびれる事があります。
「ちょっと待ってください」
と伝えて、メモのスピードに話のスピードを
合わせてもらいます。

・確認
一通り指示を受けたら、
メモした事を相手に確認し、
内容の漏れや聞き間違いを防ぎます。
また、確認中に疑問がわいたら
このタイミングでもう一度聞いておきます。

記憶は曖昧なもの。
漏れなく正確にメモしておけば
ミスは防げます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ