3.成人の社会性

成人して社会に出ると
それまでの家庭や学校といった狭い世間と違い、
・自分の在り方を定め(自立)
・自分の力で判断/実行していく
事が求められます。

そのために
・自身の役割が増え
・出くわすシチュエーションも増え
ます。

「状況ごとに異なる多種多様なルールと
その変化に対応する必要がある」
ということです。

会議で自分とは異なる意見が出たら
妥協点を探る必要があります。
クレームには不本意でも組織の一員として
謝罪する必要がある場合もあります。
初対面の他社の人とでも自然な会話をしないといけません。
昨日まで平社員同士だった同期が上司になれば、
人前では敬語で話す必要があります。

様々なシチュエーションで高度な
「他者との関わり方」
が必要になります。

ストレス処理
ストレスを溜めると重大な状況に発展します。

私達は
対人関係においてストレスを溜めます。

常にストレスを意識し、
自分なりの発散方法を持つようにします。

対人関係のストレスは
トレーニングを重ねるにつれ軽減されていきます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ