1.知っておくべき事

・ケンカになった、
・上司に仕事以外の事を注意された
・誤解された

誰にでもある経験です。

人はこういう経験を重ねながら
「最適な答え」=「どう振舞えばいいか」
の学習を重ね、自身の行動を修正していきます。

しかし、
発達障害があると
学習が進まない場合
があります。

意識的に学習し、
上手くいった=成功体験
を重ねていく必要があります。

失敗するパターン
適切に振舞えない原因として
・読み取れない
上司が貧乏ゆすりしてるが
機嫌が悪いからだとは思わなかった。

・知らなかった
機嫌が悪い時に失敗の報告をすると
普段より厳しい対応をされがちだと知らなかった。

・知ってたけど出来なかった
機嫌が悪いようだけど
かまわず失敗の報告をした。

「どういう場面では
どう振舞うべきかを知り、
実践し」
最適な行動に慣れ、
成功体験を積み重ねていきます。

叱責ではない
自身の行動について他者から
「機嫌悪いんだから後にしたらよかったのに」
「他の人に報告すればよかったのに」
というようなフィードバックがあった場合、
それを叱責とは受け取らず、
アドバイスと受け止め
自身の行動を修正していきます。

他人をお手本に
「どう振舞うべきか」は
周囲の人達が参考になります。
同じように振舞ったつもりなのに
自分だけ悪い結果になっても
落ち込む事はありません。
周囲を参考にしながら修正を繰り返し、
成功体験を重ねていきます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ